開業までの準備と手順

女性コンパニオンの募集 その2

風俗で勤めようとする女性は、まずこの高収入アルバイト情報誌で探す人が多いようです。

風俗で勤めようとする女性は、まずこの高収入アルバイト情報誌で探す人が多いようです。

募集広告の掲載料は1回(14日間)、8分の1頁で5万円前後(定価9万円)、4分の1頁で9万円前後(定価18万円)。各誌、発行部数によって異なります。

○夕刊紙

夕刊紙の三行広告にも女性コンパニオンの募集欄があります。こちらは読者の多くが男性なので、あまり反響がありません。掲載料は10日間、2万円前後。

○女性週刊誌

女性週刊誌にも女性コンパニオンの募集広告を掲載しているページがあります。発行部数は多いのですが、地域が限定されていないためか、都心以外ではあまり反響がありません。掲載料は7日間、3万円~。

オープニングの女性コンパニオンは、高収入アルバイト情報誌で集めるのがいいでしょう。さて、女性コンパニオンについて、オープニングだけでなく常時募集をかけているものです。その際、いつも風俗専門求人誌から集めているわけではありません。スカウトマンにお願いしたり、女性コンパニオンの知人・友人を連れてきてもらう、あるいはプロダクションを使うこともあります。

これら女性コンパニオンの募集や条件・育成などは、さらに細かい解説が必要になりますので、次のパートで説明します。

女性コンパニオンの募集 その1

風俗専門の求人誌などから集めるのが基本

つづいて、女性コンパニオンの募集方法について説明しましょう。

○高収入アルバイト雑誌

募集方法でもっとも効果があるのは高収入アルバイト求人誌です。

高収入アルバイト求人誌とは、その名の通り、短時間で高収入を得られるアルバイトの情報誌です。といっても、短期間で高収入が得られる職業は限られています。ほとんどが風俗店の募集広告です。つまり、風俗専門の求人誌といってもよいでしょう。

業種は、キャバクラ、性感マッサージ、ピンクサロン、ソープランド等。テレクラのサクラなんていう募集もあります。

もちろん、デリヘルのコンパニオンも募集できます。「月収80万円以上」とか「日収3万5千円以上」などという高額な誘い文句が載っていますが、実際に月80万円以上支給される女性もいれば、20万円位しか支給されない女性もいます。ほとんどが歩合給なので、高給を保証しているわけではありません。

以前はごく限られた書店でしか手に入りませんでしたが、最近では書店はもちろん、コンビニなどでも売っています。情報誌の数も増えてきました。表紙も可愛く、女性が手に取りやすいようなつくりになっています。

男性スタッフの募集②

雑誌や新聞に枠広告を掲載しているのなら、その端のほうに「男性スタッフ募集中」と書き込んでおくと、応募があります。しかし、三行広告ほど集まりません。

応募があれば、面接をして決めます。その際に、履歴書(写真つき)を持参してもらいましょう。

採用の基準は「年齢が18歳以上」ということと、「運転免許」が必要です。そのほかには、とくに資格も特殊技能も必要ありません。

ただし、できる限り一般常識のある人を雇いたいものです。なかでも、電話応対のうまそうな人が一番望まれます。やわらかい喋りで、なおかつはっきりと物事を伝えることが出来る人のことです。後述しますが、電話応対の上手な人を雇えば、売り上げが伸びます。

そして現実はどうかというと、まず一般常識が備わっている人間などいません。別に性風俗だからということではなく、どの業界も人材難の時代です。こちらの希望する、仕事ができて・手のかからない人材など、求めること自体が間違っています。

したがって「完成された」人材を探すのではなく、育つ「余地」の残された人材を選ぶのがポイントです。つまり、気象がおとなしく素直な子です。こういう人材は、すぐに優れたスタッフとして貢献してくれることでしょう。

風俗店勤務の経験は、とくに問われません。自給は1000円くらいがいいでしょう。」

男性スタッフの募集①

育つ「余地」のある人材を選ぶことが基本

開業も目前に控え、計画が現実のものになりつつある最後の準備段階です。まずは、人材募集です。当初は、あなた一人で電話の応対(電話番)や女性の移動(運転手)を、すべてこなすのがよいでしょう。あなたが移動中の場合、応対は事務所で大気中の女性にお願いすることも可能です。また、女性の移動にタクシーを使うこともあるでしょう。

しかし、経営が軌道に乗れば、当然あなた一人ですべてをこなすのは難しくなります。そこで、男性スタッフが必要になります。

電話応対係りと運転手の2人、営業時間が長ければ3人を予定すればいいでしょう。

電話応対係りも自動車の運転が出来る人がよいでしょう。また、運転手は「車持込み」という条件で募集するのがいいでしょう。募集方法は、夕刊紙の三行広告が一般的です。

スタッフ募集 時給千円 日払い可 ぱるぱる 3353-2887

掲載料は、2行10日間で2万円です。

 

 


電話を引く

固定式を引き、携帯式も登録をすましておく

届け出を出す前に、さらに「電話番号」を決めなければなりません。これも届出書の記入事項のひとつです。

デリヘルであれば、固定式の電話番号はイメージ(信用)上、欠かせませんが、固定式はNTTの工事がある関係で、即日引くというわけにはいきません。前もってNTTに連絡して打ち合わせ、工事日を決めなければなりません。

物件の契約時に連絡すれば、大体は入居時に工事が可能になります。ですから、事前の準備さえしておけば、無駄な時間が取られれることはありません。

携帯式は前もって登録まで出来るので、先にすましておきましょう。

そして、届出書には使用するすべての番号を記入することになっています。代表番号だけでなく、お客様からの依頼を受ける番号も記入します。また、固定式だけでなく、事務用の携帯式も全て記入しなければなりません。

それと、これは余談になりますが、必ずしも固定電話を引かなければならないわけではありません。

別に携帯電話だけでも問題ありません。現実的には、固定電話は必要不可欠ですが、敷設が強制だと誤解されている方も多いので、補足しておきます。