法人組織で開業する場合

●個人の場合とでは、若干用意するものが変わってくる

デリヘルを開業する人のなかには、法人組織として届出を提出する方もいることでしょう。法人で届出を提出する場合、必要なものは以下の通りです。

○届出書(正●副2通)

○指導請書

○役員の住民票

○登記簿謄本

○身分証明書

個人で届出を出す場合と異なるのは、登記簿謄本です。

また、届出書の書き方で個人の場合と異なる箇所は、個人では空欄にした、「法人にあっては、その代表者の氏名」というところです。所轄の警察署は個人の場合と同じです。さて、デリヘルの収益性と税務上のメリットを考慮すると、大体は法人組織の力が有売に働くようです。個人事業の限界年収は、一般的に1000万円といわれ、それ以上は「法人成り」がすすめられます。デリヘルであれば初年度から達成可能ではあるのですが、原則的にスタートは個人事業からをすすめます。皆さんの場合は、やはりリスクを避けることが第一義だからです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">